あないまみ (ガラス作家)日本ガラス工芸協会 会員

多摩美術大学大学院 美術研究科工芸専攻ガラス領域修了。
鏡、熱線反射ガラス、フロートガラスを素材として使用し、透過、反射、屈折といった特性を活かした作品を制作している。

鏡やガラスは、削られていない部分は現実世界をそのままに映し、削られた部分は映るものが歪んで見えるという点に着目し、鑑賞者と、鏡に映る現実世界の境界線である素材を操作することによって当たり前とされている概念を覆し、鑑賞者の感覚を惑わす不思議な光景を生み出すことを目的に制作に取り組んでいる。