板 橋 一 広(イタバシイッコウ)
アート作家 / 株式会社イッコウ リ・グラス アート 代表取締役 / 日本ガラス工芸協会 正会員
長年に渡り、環境プロデュース、アートプロデュースを実践する中で、環境共生と素材表現の可能性を模索しリサイクルによるガラス新素材の研究開発、商品開発に携わる。
自ら素材を紡ぎ出すことの魅力に魅せられ、2007年、アート硝子工房を設立。自然から喚起される豊かな感性を素材と光の中に見いだし、「小さな自然」を表現するアートを展開中。
Artist Ikkou Itabashi(Tokyo Japan)
Having researched on new glass materials by recycling, under the theme of environmental symbiosis and material expression, I succeeded in producing crystalized art glass called [Sekka(Snow+Flower=雪花) glass]
Found rich sensibility inspired from nature in materials and through light, I have been developing Art which expresses [Small Nature].
経歴・受賞歴等
2002 東京メトロ、地下鉄[新御茶の水駅]のホーム全体にガラスモザイクによるアートウォール[暦の駅]を完成。
2004 麗和幼稚園(浦和市)陶板とガラスによる壁画をワークショップにより制作。
2006 IPEC21/2006 デザイナーズショーケース [りんね・雪花硝子]で大賞を受賞。
2007 千葉県こどもの国民間委譲による再生計画案コンペ一席 [キッズダム]の総合プロデュースを手掛ける。
2008 イタリア ミラノサローネに作品を発表。North・South Polor Glass[Alte Giappone]
IPEC21/2008 デザイナーズショーケース [IN GOT] 最優秀賞を受賞。
2009 IPEC21/2009 デザイナーズショーケース  テーマ[陰影] 大賞を受賞。
2011 B&B Italia, Installation ( B&B Italia Aoyama Show room)
2012 London100% Design  (Singapore,Marinabay Sands)
2013 2013年度グッドデザイン賞受賞 「建築用硝子の結晶化による再生硝子/雪花硝子」
グッドデザインアワード受賞展(東京ミッドタウン デザインハブ)
2016 兵庫県立近代美術館レセプションルーム 「光と影のホリゾン」制作。
2017 JR西日本寝台特急「トワイライトエクスプレス瑞風」食堂車のアートガラスを制作。
2018 第一回IDMアワード(Interior Design Meeting、青山スパイラルホール) 硝子のお茶室「雪花庵」 大賞を受賞
2019 国際アートフェア「art KYOTO」に出展。 世界遺産二条城国宝二の丸御殿台所に硝子のお茶室「雪花庵」を展示。