板 橋 一 広

環境デザイナー・素材作家
(株)イッコウ リ・グラス アート代表取締役
Artist / Ikkou Re・Glacc Art inc / President

P4 (PLANNING & PRODUCING PROJECT PARTY INC)
RGISTERD MEMBER

東京インテリアプランナー協会、会員
 (Japan Interior Planner Association Tokyo)


環境プロデュース、アートプロデュースを実践する中で、環境共生と素材表現の可能性を探しリサイクルによるガラス新素材の研究開発、商品開発に携わる。地域ゼロエミッションと環境アートの接点を模索しながら、制作活動を展開中。

[略歴]
1990プロダクトメーカーでの商品開発、設計事務所を経て、環境デザイナーとして独立、こどもの遊び環境、都市環境、商業施設、テーマパーク等の環境計画、デザイン、アートワーク等を手掛ける。
2002東京メトロ、地下鉄[新御茶の水駅]のホーム全体にガラスモザイクによるアートウォール[暦の駅]を完成。
2004麗和幼稚園(浦和市)陶板とガラスによる壁画をワークショップにより制作。
2006IPEC21/2006 デザイナーズショーケース [りんね・雪花硝子]で大賞を受賞。
2007千葉県こどもの国[キッズダム]総合プロデュース。
2008イタリア ミラノサローネ(Milano Fuori Salone 2008)に作品を発表。North・South Polor Glass[Alte Giappone]
IPEC21/2008 デザイナーズショーケース [IN GOT]で優秀賞を受賞。
2009IPEC21/2009 デザイナーズショーケース  テーマ[陰影]で大賞を受賞。