IPEC21 2008 デザイナーズショーケース

 [IN GOT] 板 橋 一 広

 デザイナーズショーケース [ 優秀賞]  受賞 

 光が雪花硝子を通るとき、手のひらにのるような

 光のかたまりにならないかなあと思った。

 平面の投影でなく、奥行きのある光と

 素材の中に空間を感じたかった。

 重さが100キロもある雪花硝子の塊が

 光のおかげで楽しそうに揺らいでいた。

 協力:(株)ビー

 デルタデザイン、カラーキネティクスジャパン

 撮影:鈴木克彦 / 板橋一広

 [IPEC21]の公式ホームページはこちらから