IPEC21 2007 デザイナーズショーケース

 [びん・華硝子] 板 橋 一 広

昨年に引き続きテーブルを制作。

腰の部分は廃びんのガラスカレット(細かく粉砕したガラスくず)を材料にしています。花びんの下の円盤は日本酒の2合ビンを割って焼いたものです。

 [IPEC21]の公式ホームページはこちらから